フィリピン和僑の会

新規メンバーを募集中

詳しくはお問合せフォームから

ビジネスは教育だ!

ビジネスをする時に一番大事なものの一つにスタッフの教育と言う問題がある。 フィリピンでは人件費が異常に安い(他のアジアに比べても下層はもっとひどい) フィリピンで働くと言う事は、海外就職組に入れなかった人達と考えた方が良い。 そんな人達と共に働くと言う事を肝に銘じてほしい。 自身の経験でもそうだが、対策を前もって考えておかねばならぬ事、その一手に尽きる。 ビジネス=教育 自分たちの市場を作り出していくという発想が必要になる。 でも私はビジネス=教育の きょうの字は、共に育つ共…続きを読む

フィリピンの基準

まだフィリピンは(国際基準)そんな基準にまで到達はしていない。 日本人でさえフィリピンに入れば内実など見えず上っ面だけでしか物が見えない人ばかり。 見えない基準にどう取り組むか?そこまで切り込んで初めてなのです。 例えば食品のクオリティだってこのパンパンガのデパートに入った00ミックスと言うレストランでも食中毒を出し衛生の甘さが指摘されている。 上位にあるブログで紹介された此処はうまいというレストランも裏に回れば日本では考えられないほどの不潔さ! 全てはレストランに関わる人間…続きを読む

企業家の足かせ

国内を見ればまだ財閥の独占状態と言うのが続き一人勝ちである。 SMやロビンソン、メガモールにグリーンベルト 等々。 企業誘致も盛んではあるが、契約内容に落とし穴がある場合も多い。 こういった中で一企業や一個人の起業と言うのが難しい状態ではあるが! 一つの業態を作りだす事さえ出来れば、まだまだ勝算はあと思います。 まず小さく種をまき大きく育て上げる工夫を作り上げる事。 机上のプランだけではなく、此処にはこんな生活がある、こんなものが必要、こうしたらよい、など日本人のアイデアを直…続きを読む

フィリピンの発展を阻むもの

一定のバックアップがあればフィリピン国の企業と組むのも一手かもしれないが? 企業ルールが、しっかりとしていない会社や個人ではフランチャイズ方式も苦労が絶えないが! 一定の成果を上げているフランチャイズの飲食店もある。 しかし、進まないのが 国民の意識やルール、法や 司法の在り方です。 警察機構の歪みなどで、全体の空気からすれば まだまだルールが国際基準にはほど遠い国の状態です。 契約事にもいろいろな落とし穴があり、銀行も全面的には信頼は出来ない所も多い。 個人の意識も利益中心…続きを読む

起業家への注意

知らぬ他国で事を起こすには、より良い、パートナーがいる。 なぜなら自分では、気づく事の出来無い 感覚が必要となる場合が多い。 例えばこんな事もある、起業家は 売る立場でものを考えてはいけない。 現地事情に詳しい人間が必要となる。 そこで人選が必要となるが、一部で怪しい人達の暗躍もあり。 今後うまい話に騙される人も多く成って来るであろう。 一概に善良な人と言うのはそう簡単には、いないし見つかるものではない! 何らかの利害関係を生み 道先案内人となる可能性が高い人なので、より一層…続きを読む

フィリピンの可能性は

現在経済発展していない国と言うのは、どこかに大きな問題を抱えているものだ。 フィリピンはマニラ一極集中と言う大問題を抱え人口問題、貧困層問題、犯罪に交通事情。 ミンダナオでは、イスラム戦線と戦争状態であった。 しかしミンダナオ島では、日本の仲介で今年休戦協定が結ばれ、平和に向かい一気に加速が進んだことは 記憶に新しい。 マニラではグロバルシティの建設ラッシュや、都会の巨大リゾート! (皆さんも見たことが有るでしょうロハスブルバードから見える金色の大カジノ) 中にホテルやリゾー…続きを読む

日本の格差問題とトマ・ピケテイ氏の提言

日本ではまだ大金持ちと言う人は少ない。 しかし、クズネッツ理論で日本を見ていくと 日本でもトップ1%の高額所得者が。 日本国民の全体の所得の9,51%を独占している。 大雑把に言えばその占める割合は、国民全部の所得の1割を一人で独占しあとの残りを99人で分けるというものである。 アメリカなどアメリカの全部の所得の18%を一人が独占し残りを99人で分配する。 日本の約2倍だとこの本は解説している。 日本では94年頃から(以降)平均すると1人の所得が下がり続けている。 そんな結果…続きを読む

格差の問題は大問題に発展する

日本に帰って本屋で見つけたベストセラーに 21世紀の資本 と言う本がある。 定価は税込みで5940円これが14万部を誇るベストセラーになっていた。 本屋で手に取り数分読みこんで買ってしまった。 何を書いている本かと言うと簡単に言えば資本主義と言うのは放っておくと格差が拡大すると言う事を警告する本だった。 この本には所得の格差が100年前位の状態に戻っているとある。 フランスの経済学者トマ・ピケテイ著書     r  >  g の不等式 rよりgの方が大きいと言う意味である。 …続きを読む

民主主義だが社会主義と言う国もある

こういった国は北欧に多くあるが、アメリカの様なむき出しの資本主義ではない。 こういった国を社会民主主義の国と言う。 ノル―ウェー、フィンランド、スエーデン、デンマークと言う国々だ。 ヨーロッパ型 民主主義と自由経済圏 と言われているが福祉や人権を重視しサービスは国が行うと言う福祉国家だ。 一見よさそうにも見えるが発展と言う意味ではちょっと視点が違う。 それ故にサービスは平等 老後の心配はないが普段から国民の負担する税率は高い。 ノル―ウェー 税率は53,8 フィンランド   …続きを読む

日本に帰って感じた事(主義で現実は乗り越えられない)

もう民主主義も終演に来ている。 だって日本の政治を見ていると多数決 絶対の様で まるで自民党の独裁政治だ。 国会議員の数が多ければなんでも決めてよいのか? 民主主義の根本が揺れている、もともと民主主義ってなんだ! 私は、主権在民と教えられたが つまり国民が主役だと言うが? いったい誰の事を指しているのだろうか? 自由経済をうたい 金持ち優遇で 金持ちの力が強い社会で 資本主義ならよいのか? しっかり稼げた者だけが 自由な経済活動で金持ちになり 格差を引き起こし 貧富の差を拡大…続きを読む

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

検索ボックス

2015年12月
« 11月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

会員用ブログ

記事一覧
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村